グランドサークル・国立公園

最強のパワースポット、セドナで4大ボルテックスに挑む(後編)|セドナ三日目

2011年6月22日
レッドロック

セドナ3日目(アメリカ横断21日目)

キャンプの朝は早起き、月の光を頼りにトイレへ。

月光の影が綺麗だった。

最強のパワースポット、セドナで4大ボルテックスに挑む(前編)の続きです。

今日は涼しい時間にトレイルしようと言うことで、早速出発。

昼間は観光客で賑わうはずのアップタウンも太陽も顔を出し始めたばかりの時間はこのとおり。

アップタウン

もちろんどこのお店もまだオープン前。

セドナ朝の町並み

せっかくなのでどんなお店があるか散歩(オープン前ですが)

多くの芸術家が集まる街としても有名なセドナですが、アクセサリーやパワーストーン(特にターコイズのジュエリー)、陶器、ガラス、織物など様々なギャラリー(おみやげ屋)がありました。

まだ旅の途中でではありますが、この町で何か買って帰ろう。

 

散歩でウォーミングアップ完了したので、その脚で4大ボルテックスの一つ、ボイントンキャニオンへ。

途中、車の中から遠くに見える。気球を発見。

空と気球

ちょうど太陽の登るタイミングで気球が上がっていきます。

明日はこれに乗ると思うと見てるだけでテンション上がってきました。

セドナの朝日と気球

近くに行くと、他にも沢山気球が上がっていきます。

沢山の気球た空に浮かぶ

うちのクマも乗りたそうです。

リラックマと気球

見る見るうちにセドナの空へと飛んでいきます。

空高く飛ぶ気球
結構高いです。明日大丈夫かな(汗

セドナに浮かぶ気球

ボイントンキャニオンへは、US-89Aからドライ・クリークロードで右折、最後はボイントンキャニオンロードへ入ります。

朝日に照らされる赤褐色の岩山

標識も出ているのでわかりやすいです。

ここがセドナの中ではアップタウンから一番の遠いボルテックスでウエストセドナに位置しますが、それでも10Km程(20分)で道もすごく空いているのでとても快適なドライブロードです。

ボルテックスへのサイン

見えてきまました。

4大ボルテックス

ここボイントンキャニオンはトレイルコースがいくつかありますが、一番長いので4キロ弱(約1時間)

短いもので30分ほどで行けます。

ボイントン・キャ二オン地図

こかい案内してくれるのが先ほどチラッと登場したこちらのクマ。

ボイントン・キャ二オントレイル

このリラックマはアメリカ横断旅行の相方で、超難関トレイル、【ザ・ウェイブ編】も攻略したすごいヤツです。

アメリカは車上荒らしがとても多いので気をつけてと言われてたのですが、車から離れる時はいつもこのリラックマがフロントウィンドウが運転席で睨みを効かせてくれていたので全く被害に合いませんでした。

まさにクマ様々です。

そのクマが今日はしゃしゃり出ます。

レッドロック

とりあえずハイキングの前に入山署名。

入山署名

さて出発です。

早速ラクしてるクマです。

リラックマがボルテックスに挑む

この時間はまだTシャツだとひんやり肌寒いくらいです。

朝と昼の温度差はとても激しいです。

朝のボイントンキャニオン

結構険しいので夏の真昼のハイキングはやめといたほうがいいですね。

夏は間違いなく朝が気持ちいいです。

険しい山道

でっかい岩山が見えてきました。

この赤褐色がセドナっぽいですね。パワー貰えそうです。

赤褐色の岩山

このボイントンキャニオンは女性エネルギーと男性エネルギーを併せ持ち、一番パワーが強い場所として地元のネイティブ・インディアンからも最も神聖な場所として崇拝されているようです。

レッドロック

ボイントンキャニオンのボルテックスはわかりやすいです。

トレイルハイキングコースを入って10分ほど歩くと分かれ道があるので、右へ更に10分程行くと「カチーナウーマン」や「ノエル」といったとてもパワーの強いボルテックスに到着します。

 

ということでトレイル終了。

達成感のみならず、その姿には自信すら感じられます↓(笑

トレイル終着点とリラックマ

とりあえず、登ってきた坂道を見返します。

するともうそこは絶景です!

ボイントンキャニオンから見たセドナの景色

とりあえず、赤い岩山に立ちます。まさに「母なる大地」と呼ばれるに相応しい場所でした。

クマとは同じ色で同化してしましそうです(笑

大自然の中のパワースポット

そらの青と大地の緑、それに赤い岩のコントラストが綺麗です。

大自然の中のパワースポット

近くに行くと岩山の大きさとパワーを感じます。

カチーナウーマン

下の写真が「ノエル」という男性エネルギーが沢山放出されるという岩山へ。パワーもらっときます。

基本、僕はそいうったものにウトいのでパワーを得られた気になるところからスタート(笑

ノエル

そしてジャンプ!

ノエルからジャンプ

後ろに見える岩山が「カチーナウーマン」。カチーナは先住民の言葉で「精霊」というようです。

ネイティブの守護神としても讃えられているカチーナウーマンは女性性を持っており、子宝を願う人達のパワースポットでもあります。

 

ともぶもジャンプ。

ふたりともパワーがついてきたようです(笑

壮大な地でジャンプ

このカチーナウーマンとノエルの間のボルテックスで瞑想すると心身のパワーバランスが整えてくれるようです!

ボイントンキャニオンのノエル

一仕事終えた彼はのんびり景色を堪能中。

木に腰掛けて絶景堪能

ボイントンキャニオントレイルでは至る所にミニサボテンがあります。

パワースポットのサボテン

サボテン初体験。結構チクチクします。

サボテンに触れる

相棒と記念ショット!

ともぶとリラックマ

誰かが積み上げた赤い石の山。

これだけの事なのに何か特別なものを感じます。

ボイントンキャニオンに咲くサボテン

他のボルテックスに比べると景色的にはセドナの全景を見渡せる訳ではないですが、人は少なく朝はとても空気が美味しくて、セドナのハイキングトレイルでは一番楽しい場所でした。

セドナの絶景
はい、帰りはリュックサックの中で楽します。

帰りはリュックサックの中で

ボイントンキャニオンから見える町並みをジオラマモードで撮影してみました。

ジオラマのような町並み

 

 

続いて向かったのが4大ボルテックスの最後の一つ、「カテドラルロック」。

レッドロッククロッシングをバックに

今回はレッドロック州立公園という公園内から近くまでハイキングしてその景観を楽しみます。

もちろん上まで登ることもできるようですが、高所恐怖症の方や運動不足の方は危険なようです。

トレッキングシューズ等しっかりハイキングの準備をしてないと結構ハードで、結構途中で諦める方も多いようです。

4大パワースポット巡り

公園内は緑がいっぱい、夏暑すぎるセドナではこのハイキングコースはとても穏やかでいいです。

森林の木漏れ日

レッドロックを前に。

クレセントムーンパーク

またカテドラルロックを前に小川が流れていて、空と赤い岩と小川のコントラストがとても美しかったです。

レッドロックと小川と空のコントラスト

ハイキングせずにのんびり景色を見て過ごすというのもセドナのパワースポットの楽しみ方だなと思います。

セドナふたり旅

ともぶはここが一番エネルギーを感じたと言ってました。

女性的な癒しのエネルギーをもらえたようです。

ホンマか?と思いつつ後で写真を見ると、先ほどまでのやんちゃな感じとはうってかわって、確かに穏やかな表情してます。うん。

ボルテックスで癒しの効果を

そしていきなりヨガ始めました。

パワースポットでヨガするとより癒やされるということだそうです。

パワースポットでヨガ

というこで、ともぶがヨガをしている間に僕は散策。

本当にここに地面というか岩は赤い。

赤褐色の大地

しばらくして二人で散策。

全くスピリチュアルなものに疎い私でも、パワースポットと言われている場所での散歩はなんとも心地が良かったです。

公園を散策

小川にはまらず石の上を渡るなんて子供っぽいことですら楽しめてしまう。

小川で水遊び

最後は大きな気の前で1枚。

公園内の大きな木

大満足のセドナボルテックス巡りでした。

 

今日は朝が早かったので、早々とキャンプへ帰還。

お決まりのパンと缶詰のスープで腹ごしらえ。

キャンプグラウドでの夕飯

朝晩ひんやりするキャンプグラウンドも昼はめちゃくちゃ暑かったです。

セドナのキャンプサイト

そこで川遊び!

オーク側で水遊び

釣りを道具も何ももってなかったので、だたバシャバシャ水遊び。

オーク側で水遊び

ただそれだけで気持ちが良かったです。

アメンボが結構います。川にいるアメンボ

そして本日最後はサブウェイへ。

昼間キャンプ場にずっといると干からびてしまうので涼しい場所に逃げ込むという・・・。

サブウェイのサンドイッチ

明日は4時起き!今日は早く寝ます!

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply