ルート66

アルバカーキーのオールドタウンで、ルート66の風景を見る

2011年6月25日
albuquerque175

アルバカーキーはニューメキシコ州最大の都市で古くから交易の盛んな町でした。

日本からの観光客はあまりいませんが、行く理由があるとすればそう、古きよきあのルート66に出逢うため!

 

アメリカ横断の旅もグランドサークルを出て、いよいよルート66へ突入です。I-40を西に進むと着きます。

アルバカーキに向かうインターステート40の看板

アルバカーキーに入ると…なんか変な看板が多くなってきた!少しづつルート66ぽさが出てきました。

アメリカ風のおじさんの看板

国立公園でのキャンプ疲れとロングドライブの疲労を癒すために強は早めにモーテルにチェックイン。『古き良き』は明日探すします。

内陸部はモーテルが沢山あってしかも安い!1部屋換算なので2人で1泊4,000円~5,000円くらいで泊まれます。

部屋はこんな感じ。

モーテルの部屋の写真

節約のためにモーテルで自炊。ご飯と味噌汁とサラダ。通称『モーテル飯』です。

モーテルで食べる晩御飯とビール

しかしいつもと違うのは肉の佃煮がついてること!疲れを癒やすには食わないとということで豪華?にいきました。

食後はこれ。ともぶがキャンプ続きで体調を壊しファーマシーでそれっぽい風邪薬を購入。

風邪薬と喉の痛み止め

 

オールドタウンを見に行こう

翌朝、気合をいれてアメリカ横断のルート66編スタートです。まずは朝食でエネルギーチャージ。

内陸部の方のモーテルは若干朝食が豪華だった気がします。

このモーテルはワッフル付き!!

モーテルの朝ごはんにワッフルとオレンジジュース

いざ出発、ところでルート66はどこだ?

探しまわるも特に目的地がないわけでそれっぽい標識をただただ探していたのですが普通の街の風景・・・

アルバカーキーの町の入口
ともぶ「なんか想像しる風景が見えてこないね」

『なんかこう寂れた道路にルート66の標識がところどころにあって、ダイナーが並ぶみたいな』

ともぶ「そう、そんなん想像してる」

『もう道も綺麗になって、昔の面影残ってるところないんかなぁ、どこにあるんやろルート66って』

あまりにも情報不足だったために、今まさに走っている町を東西に横切るメインストリートCentral Aveが昔のルート66ということにすら気づきませんでした。

 

ともぶ「オールドタウンっていう昔からある地区がそれっぽい雰囲気らしいよ」

『それってルート66ちゃうってこと?』

ともぶ「ルート66とは別みたい」

『まぁせっかくやし行ってみる?』

国立公園周りが楽しすぎたからか想像していたルート66のイメージと合わなかったからテンションが上がらないままオールドタウンへ。

albuquerque141
『なんか観光客向けっぽい雰囲気やな』

ともぶ「うん、完全に」

albuquerque145

オールドタウンの案内板

とかいいつつ、中を散策しているとなかなか想像していた昔ながらの空気がちらほら。

古き良きアメリカが再現されたオールドタウン

次第にテンションが上がってきました。

古いアメリカのショップの様子

看板もそれっぽく出来てます。

オールドタウンの町並み

あまりにも情報がなかったためにお土産物屋さんでルート66の情報誌を購入(笑

オールドタウンのお店が立ち並ぶ看板

『これを目印にルート66のランドマークとなるポイントを巡っていこう』

ともぶ「せやね、やっぱり目指すところがあったほうがいいね」

ちょっとテンションが上がってきました。

 

オールドタウンの中心の広場ではちょうど結婚式がとり行われており幸せな空気が流れていました。

オールドタウンの中央にある公演

なんかこの先の旅もいいことありそう。そんな気持ちになります。

オールドタウンで行われていた結婚式の様子

この日もピーカン。みんな日陰に隠れてます。

2階からテラスを見渡す

西部劇に出てきそうな階段にまでテンション上げてもらいやっとノーマルテンションまで戻ってきました。

西部劇に出てくるような階段

テンションがもどったところで写真撮影大会!

テラスで記念撮影

なんか雰囲気あるからカッコつけちゃってる人がいます。はい。

古いレンガの壁でモデルショット

後で見ると恥ずかしいことこの上なしやろうなと思いつつ相方の指示通りのポーズでカメラマン&モデルごっこ(笑

町を見渡す様子

スペイン統治時代からあるというSanFelipeNeri教会

オールドタウンの教会

教会の入口

albuquerque137

アルバカーキーは期待しいたのですが短時間で満足したと思い込み、次の町へ向かうことにしました。

 

ルート66の標識を見つけテンションがあがる

そして次の街へとむかうために駐車場へ向かうと・・・・

albuquerque140

『!』

『あったーー』

albuquerque142

『ルート66の標識あったで!!』

ともぶ「ほんとだ!やったね。」

albuquerque143

こんなのでテンション上がってしまう2人ですが、そりゃもうなん回も走っていたCentralAveがルート66と気づいてなかったのでこの標識が見つかってやっとルート66に来たんだという実感が湧いてきました。

albuquerque144

その後は次の街へ向かうために車を東へ走らせるのですが

albuquerque146

出てくる出てくるルート66の多彩な標識や看板。

albuquerque147

車からおりてまで写真とっちゃいました。

albuquerque148

ただただ写真とりまくるために車を駐車して(笑

albuquerque149

ハーレーが並んで止まっている景色もまたルート66っぽい!

albuquerque152

ただただカッコイイ!!

albuquerque153

さらに町の出口まで進んでいくとお店や、モーテルの看板まで派手になってきました。

albuquerque154

コミック屋さんも

albuquerque155

モーテルも看板が派手だ!

albuquerque156

一気に町を出るつもりが寄り道が激しく写真に夢中でエネルギーが切れてきたのスタバでチャージ!

albuquerque159

カフェの看板もこの通り。

albuquerque160

こんなカラフルさもアメリカっぽい。

albuquerque162

メインストリートも街の東側にはたくさんのルート66の看板や目印が溢れかえっていました。

albuquerque163

albuquerque164

albuquerque165

albuquerque166

albuquerque167

albuquerque168

ニューメキシコからテキサスのアマリロを目指す

町を出てI-40を東に走るとすぐにROUTE66Travelcenterがあります。ガソリンスタンドメインのおみやげ屋さんです。

albuquerque169

albuquerque175

ガソリンも大都市と比べるとだんだん値段が下がってきました。

albuquerque170

albuquerque171

満タンにしてレッツゴー!
albuquerque176

フリーウェイとルート66は並んで走っているので見どころがあればフリーウェイをおりてルート66のドライブです。

albuquerque178

albuquerque179

albuquerque180

みどころが過ぎるとまた高速。

albuquerque181

アメリカのトラックはただただ大きい。積み荷も大きい。

albuquerque182

たまねぎトラックも沢山みました。

やっぱりテキサスやからステーキお供はたまねぎなのかな?

大量の玉ねぎを運ぶトラック

そしてまた降りる。

albuquerque183

albuquerque184

albuquerque185

今は使われていない道なので潰れがガソリンスタンドがちらほら。値段が安い!

albuquerque186

albuquerque187

albuquerque188

albuquerque189

albuquerque190

albuquerque191

albuquerque192

albuquerque193

 

albuquerque195

アメ車を見つけてテンション上がったり。

albuquerque197

これはルート66を紹介する本やネットでよく出てくるBlue Swallow Motel

albuquerque201

1939年から今なお営業していて、まさに古きよきをそのままに旅人たちの疲れを癒やしています。

Tucumcariで一番有名なモーテル。

albuquerque199

この壁画なんかも本やネットで良く見ます。

albuquerque202

記念に1枚

albuquerque203

albuquerque204

albuquerque205

albuquerque206

albuquerque207

ルート66とインターステート40の標識

インターステートから見える田舎風景

横断をしていると州をまたぐごとに目標をひとつクリアしている気がするのでWelcome to Texasの看板がとてもうれしい!

ウェルカム・トゥ・テキサスの看板

『なんか臭うぞ』

ともぶ「えっ、してないよ」

『ほんまか?窓開けよ』

ともぶ「やってないって!!」

疑いつつ窓をオープンにすると・・・

 

ともぶ「くさーい!!!!なにこれ??」

『臭ってたんは外か!車の仲間で染みてくる臭いってなんやねん!!』

外には風車・・・・

インターステートからの景色『なんの臭いや?』

・・・

・・・

・・・

・・・

『これか!』
インターステートから見える農場の牛

牛です!!!

そりゃもう大群です!

ニューメキシコ州の牛

『さすがテキサス!州に入った瞬間に特長を出してきたな』

ともぶ「特長強調しすぎじゃない?」

『洗礼ってやつでしょ』

ともぶ「食いますか?」

『食いましょう!』

数十キロ続く臭いと共にドライブをしているとだんだん日が陰ってきました。

 

バックミラーに差し込む光に気づいて車を停めると。

ルート66の夕焼け

めちゃくちゃ綺麗な夕日が荒野一面に広がっていました。

車をとめて夕焼けを見る

ともぶ「これもテキサスからのプレゼントやね」

『うん、そうしとこう』

不意に合わられた夕日に心奪われながら鼻にはまだ牛の臭いが残ってました(笑

 

さて晩飯は大きな牛のステーキを食べるぞ!

テキサスでどでかいステーキを食べる | ビッグテキサン・ステーキランチ

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply